合氣道を含む武道関連の書籍について記す。(工事中)

沢庵  「不動智神抄録」

 −不動智神抄録ー

心の置所。心を何処に置こうぞ。敵身の働きに心を置けば、敵の身の働きに心を取らるるなり。敵の太刀に心を置けば、敵の太刀に心を取らるるなり。敵を切らんと思ふところに心を置けば、敵を切らんと思ふ所に心を取らるるなり。我が太刀に心を置けば、我が太刀に心を取らるるなり。我切られじと思う所に心を置けば、切られじと思ふところに心を取らるるなり。人の構えに心を置けば、人の構えに心を取らるるなり。兎角心の置き所はないという。(勝負に居着かず、強弱に居着かず、心万鏡に隋って転ず、転処、実に能く幽なり。人の心も物にうつれば、あらわれ見ゆるなり。)

宮本武蔵 「五輪書」 「兵法三十五箇条」 「独行道」

丹羽十郎左衛門忠明 「天狗芸術論」

事の熟するにしたがって気融和し、其のふくむ所の理おのづからあらわれ、心に徹して疑いなき時は、事理一致して気収まり、神定まって応用無碍なり。これ古の芸術修行の手段なり。故に芸術は修練を要とす。事熟さざれば気融和せず、気融和せざれば形従わず、心と形と二つに成りて自在をなすことあたはず。(事は技のこと)

喜怒哀楽まだ発せざるの時、心体空空として一物の蓄えなく、至静無欲の中より物来るにしたがって応じてその用極まり尽くることなし。静かにして動かざる者は心の体也。動きて者に応ずる者は心の作用なり。体は静かにして衆理を具えて霊明なり。用は天則に従いて万理に応ず。体用は源はひとつなり。これを動きてうごくことなく静かにしてしづかなることなしという。

残心とは、事にひかるることなく心体不動の所をいふのみ。

大森曹玄 「剣と禅」 「山岡鉄舟」

鎌田茂雄 「禅の心 剣の極意」

(以上)