合気道の心得

(1)入門した時の謙虚な気持ち(初心)を忘れず、真剣な気持ちで練習に励むこと。

(2)合気道の技法は、一瞬にして相手を倒すはげしさを含んでいるため、指導者の教えを守り、お互いに競い合うようなことをしてはいけない。

(3)常に、正しい心、正しい姿勢で礼儀正しく、しかも楽しい雰囲気で練習すること。

(4)日々の練習については、常に準備動作より始め、次第に応用技へと自然で無理のない動きに終始すること。

(5)合気道は多人数の敵に対しても対応できるものである。前方・後方・左右・上下を観ながら注意して練習すること。八方を聴くこと。

(6)合気道には無限の道理が含まれている。道場での練習は、指導されるだけでなく、この道理を探求する絶えざる努力が重要。

(7)合気道の目的は、心身を鍛練し、立派な人を作ることにある。他で技を悪用したり、また悪用される様なことは最もさけるべき事である。

(8)他から強制された練習は、百害あって一利なし。

(「合気道」および"Spirits of Aikido"、他より)