受身

(1)基本的には、前受身、後ろ受身がある。

(2)回転受身としては、前回転受身、後ろ回転受身、横回転受身等がある。

(3)技の受身では、四方投げ受身、腰投げ受身、十字投げ受身、両手持ち呼吸投げ等がある。

(4)後落しには、前方をみつつそのまま下に落ちるタイプの受身であるが何種類かある。

(5)上肢・肩をうまく使うこと。頭を打たない、背中特に腰背の部分は打たない。接触は可。

(6)基本的には脱力して受けること。脱力して、相手の投げ等に自然にまかせながら素直な受身をとることが肝要である。

(説明はなし)