合気とは何かということについて(工事中

剣術における合気

一刀流極意書に合打となって勝負がつかない時にには合気をはずせ、とある。合気をはずすには攻防の調子を変えることが重要とある。また留めの法や交わすことを法とする。敵の力を小さく誘いながら留めて敵の働きの尽きるところで合気をはずせ、とある。また淀んではならないともある。また敵の力に逆らわず斜めに前後左右に体をかわし、少しも敵の力に拮抗せずにそらしてやり、その力を利用する。松風の教え従って、敵の気剣体を一緒に引き摺り出し、敵の利を奪いとって勝つものである。敵をわが懐にとりこみ和して同ぜず平らかに勝つ。

参考文献:一刀流極意               笹森順造

      一刀流兵法十二ヶ条目録

大東流における合気

合気とは後の先の事です。合気とは押してきたら引く、引いたら押してやるという気に合わせる緩急の精神のことです。(武田時宗)

敵につかまれたり、押されたり、引かれたり、組みつかれたり、担がれたりのいろいろの仕掛けにたいし、敵の力を無にし、敵を抵抗不能の状態にする一瞬の技術。(松田隆智)

合気道における合気

合気とは、敵と闘い、敵を破る術ではない。世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。合気道の極意は、己を宇宙の動きと調和させ、己を宇宙そのものと一致させることにある。合気道の極意を会得したものは、宇宙がその腹中にあり、「我は即ち宇宙」なのである。簡単に言えば、宇宙の気に合わせる、ということである。実際の技においては他の武道でいう合気に相当するものは豊富にある。

参考文献:武産合気

新陰流における合気