合気道とは・・・

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883〜1969)が日本伝統の武術の奥義を

究め、さらに厳しい精神的修行をへて術から道へと発展させた現代武道で

す。

合気道は相手といたずらに力で争いません。入り身と転換の体捌きから生

まれる技は、相手の暴力のみを制するもので相手の生命を殺傷いたしませ

ん。人間生命の尊重がうたわれる現代にふさわしい武道といえるでしょう。

合気道が「和」の武道といわれる所以もここにあります。

稽古の特色

合気道は競技を行いません。お互いの習熟度に合わせて技を繰り返し稽古

することで心身の錬成をはかることを目的としていますので誰でも稽古を

行うことができます。

稽古の積み重ねが健康に良いのはいうまでもなく、日常の生活において

何事にも積極的に取り組む自信が自然と培われてきます。

また道場には年齢、性別、職業、国籍を問わず多くの人々が集ってきますの

で稽古をすることは、人間理解の眼を深めるためには最適です。

合気道の稽古に終わりはありません。稽古をはじめたら根気よく続けること

です。うまずたゆまず求めてください。稽古を続けることが進歩への第一歩

であり稽古の大切な一面でもあるのです。

(財団法人 合気会 「合気道しおり」 より)