基本理念

”合気道は魂の学びである。”(「合氣神髄」より)

”我々は正勝、吾勝、勝速日の精神をもって、天の運化を腹中に胎蔵して宇宙と同化、そして宇宙の内外の魂を育成して、かつ五体の響きをもってすべて融通無碍の緒結びをして、宇宙世界の一元の本と、人の一元の本を知り、同根の意義を究めて、宇宙の中心と正勝、吾勝、勝速日を過たず、武産の武の阿吽の呼吸の理念力で魂の技を生み出す道を歩まなくてはならない。”(「合気神髄」より)

”武道とはいたずらに力に頼るものではなく、他人との強弱、勝敗を争う格闘技にとどまってはならない。お互いが切磋琢磨し、自己の人格形成を目指す「求道」でなければならぬ” という事であり、求道の到達すべきところは”宇宙偏在の根源の氣と人間の呼吸との一体化”である。すなわち”宇宙の氣”と”自己の呼吸”とを一つにした心身一如(心身統一)という極致を目的とし、合気道においてはそれを自分自身で体現していかなければならない。”宇宙の氣という自然なるものに対して静的に調和し、かつ動的に即応せよ”ということであり、これによって絶対不動なる自在の気が創成され、人間の力として発揮される。(「合気道」より)

//